毛深い女性

毛深い女性必見!

ムダ毛が目立つのが気になってしょうがないと悩む女性は多いようです。

 

最近では男性でも毛深いのが嫌でムダ毛処理をする人が増えているようです。

 

ムダ毛の処理方法も様々ありますが、本当に最適なやり方で処理できているのか不安に思う方もいるのではないでしょうか。

 

ムダ毛の処理方法が間違ったやり方のまま過ごしてしまうと、余計に肌に負担をかけてしまって、きれいになるどころか逆に肌が汚くなってしまうことにもなりかねません。

 

毛深い原因は、遺伝や体質によるものだからと諦めてる方もいるかもしれませんが、実はムダ毛の処理方法や生活習慣を改善させるだけで、毛深さを解消できるようになるのです。憧れの透き通るような白い肌になるのも夢ではありません。

 

今回、当ページでは毛深い女性の悩みを解決するために、体毛を薄くする方法20選を具体的にご紹介します。
体毛の濃い女性の方は是非おすすめしたい方法です。

 

なぜ体毛が濃くなってしまうのか

毛深い方の家族には、同じように毛深い人が多いようです。これは毛深さは遺伝による原因があると考えられます。毛深さの原因が遺伝ということになると、元々持っているものなので防ぎようがないのですが、原因はそれだけではないようです。

実は、毛深さの原因は遺伝の他にも、ホルモンバランスが崩れることも挙げられているのです。

 

男性ホルモンが活発化すると体毛が濃くなるようですが、働く女性が増えている現代では女性も社会の中でストレスに悩む傾向が増えており、男性ホルモンが活発化することによってひげが生えたりしてしまう方が増えてきているようなのです。

 

男性ホルモンは女性の体の中でも分泌されます。ストレスで女性ホルモンのバランスが崩れることによって、男性ホルモンが活発になると体毛が濃くなり毛深くなってしまうのです。

 

ストレスの他、急激なダイエットも男性ホルモンが活発になる原因となります。今一度生活習慣や食生活を見直し、ストレスをためないように心がけておきましょう。

 

毛深い女性の悩み解決!体毛を薄くする方法20選

遺伝による体質によって、毛深くなってしまうことがあるようですが、だからといって諦めずに適切な処理方法でムダ毛を解消させることができます。

 

以下で紹介する方法は、毎日の生活習慣をちょっとだけ見直したり、普段するムダ毛処理方法に少し工夫を凝らすだけで、肌の見え方を変えていくことができます。簡単に誰でも実践できる方法ですなので、むだ毛でお悩みの方は是非お試しください。

 

以下では、体毛を薄くする方法20選をご紹介します。

 

食べないダイエットはしない

食事をしないことが脂肪を落とすことになるという理由で、食事を抜くダイエットをした場合、食べたくても食べれないことがストレスとなり、その結果ホルモンバランスが乱れてしまうことで体毛が濃くなってしまう場合があります。

 

無理なダイエットは体毛を濃くしてしまうだけでなく、脂肪を必要以上落としすぎたりホルモンバランスに乱れが生じてしまう場合がありますので、絶対にやめましょう。

 

ムダ毛を剃るのはNG

カミソリを使ってムダ毛を処理する方もおられるようですが、カミソリでムダ毛を剃ると、ムダ毛の断面が斜めに平ったくなり、そのせいで毛が濃く見えてしまうようになります。

 

自宅でするムダ毛処理はほとんどの方がカミソリを使用しますが、あまりおすすめできません。
どうしても剃らなければならない場合は毛の流れに沿って剃るようにしましょう。処理後は肌にかかる負担を少なくするために保湿をしっかりしておきましょう。

 

急激なダイエットはしない

ファッションモデルのようなスタイルは女性なら誰でも憧れることと思います。モデルのようになれなくても、スタイルを良くしたいという気持ちはあるはずです。
自分が目指すスタイルは人それぞれでありますが、それが他人から見れば十分であると思われても自分にとっては納得がいかない場合もあるようです。

 

自分が納得できるスタイルに近づけるために極端なダイエットに走ってしまう人も少なくはないようですが、スタイルは近づけてもやり方次第では美容にとって逆効果になってしまう場合もあります。

 

ほとんどのダイエットは脂肪を減少させることを目指してするようですが、体の中から脂肪を減少させることは女性ホルモンの分泌量を減少させてしまいます。女性ホルモンが減少していくと、反対に体毛が濃くなる原因となる男性ホルモンの増加につながってしまいます。

 

無理なダイエットは必要以上に脂肪を減少させてしまい、結果、体にとってはとても危険な状態になってしまうのです。

 

食生活の見直して和食中心に

人間の体は動物性たんぱく質や毒素は受け付けようとせずに体外に排出しようとします。そのため肉類や乳製品を多く摂取していくと、動物性たんぱく質を体外に排出しようとして毛穴が広がるため、毛が太くなるようです。

 

毛が太くなることによって体毛は数が少なくても濃く見えてしまいます。
あまり肉類や乳製品ばかり摂らないように食生活を改善し、カロリーが高めにならないように和食中心のメニューになるように工夫しましょう。

 

エステサロンで脱毛処理をする

エステサロンではお試しキャンペーンをしているところも多く、最近では気軽に相談しながら施術できるところが増えてきております。

 

免許を持ったプロの手でしてもらえる安心感があるのがメリットです。

 

添加物を避けて食べるように心がける

女性の体は本来体毛が濃くないものです。体毛が濃くなってしまうのはホルモンバランスの乱れが原因になっているようです。

 

女性ホルモンは様々な理由で乱れてしまうことがありますが、その中で特に挙げられるのが食べ物によるものです。女性ホルモンは添加物が多く含まれている食べ物を摂ることによって、減少していきます。

 

外食チェーンでの食事やスーパーの惣菜ばかり摂るようになると、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増えていくようになります。また、添加物を多く含んだ食べ物を多く摂ると、体毛が濃くなる原因となるばかりでなく、肌年齢の老化や腸内環境の悪化を招いてしまいます。

 

忙しい現代社会で生活していくには無添加の食事ばかりで過ごすのは非常に難しい事だと言えますが、添加物を含んだ食事はなるべく控えるようにするのが良いでしょう。

 

医療機関で脱毛処理をする

医療機関での脱毛処理はほとんどが保険適用外なので費用がかかることを承知しなければなりません。
ただ、資格を持った医師に安心して任せられるので、気になる部分だけしておくのも良いでしょう。

 

ストレスをためない

ストレスはホルモンバランスの乱れを生じるだけでなく、あらゆる体の不調の原因となりますので、なるべくストレスはためないようにして、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

 

自分にあったストレス解消法を見つけて女性ホルモンの分泌を活発化させて、体毛が薄くなるように工夫すると良いでしょう。反対に男性ホルモンは体毛を濃くする作用があり、ストレスを強く感じることによって男性ホルモンのアンドロゲンという成分が活発に分泌されるようになります。

 

なるべくストレスを溜めないようにすることが男性ホルモンの分泌を抑えることになり、体毛が濃くなることを防いでいけるのです。

 

ストレスを感じたら上手く息抜きをして、ストレスを溜めずに発散させましょう。

 

女性ホルモンを活発化させる

女性ホルモンを活発化させることによって、女性ホルモンが本来持っている体毛を薄くする効果が高くなってきます。体毛を薄くさせるようにホルモンバランスをうまくコントロールさせていくことが大切です。

 

大豆類に多く含まれているイソフラボンは女性ホルモンに似た作用があることが注目されています。食事やサプリメントでイソフラボンを上手に摂り入れてみましょう。

 

毛抜きはしない

体毛が濃くなると目立つのが嫌だからと毛抜きをする方も多いようです。また、毛抜きをすると生えてこなくなると思う方もいるようですが、それは間違えです。

 

体毛は皮膚を守る役割がありますが、毛を抜くと、その刺激によって皮膚は攻撃されていると認識し、皮膚を守るために体毛が更に濃くなってしまうこともあります。

 

運動不足にならないようにする

ストレスは体のあらゆる不調を招いてしまいますが、運動不足によってストレスは溜まりがちになりますので、軽い運動から始めてみるようにしましょう。
普段運動をしない方は、まずは簡単なストレッチから始めて、ウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。

 

運動は毎日行うことによって、ストレス発散できるだけでなく、ホルモンバランスも正常に整うことができるようになります。

 

毎日したいけれどなかなかできないという方は、玄関の目につきやすいところにウォーキングシューズを置いたり、身の周りのいたるところにきっかけになるものを置いておくなど、継続できるように工夫してみてはいかがでしょうか。

 

ただし、屋外での運動は紫外線にさらされてしまいがちになるので、外に出る前は紫外線対策をしっかりと行うことが大事になります。

 

アルコールの摂取量に注意する

女性でもお酒が大好きな方が増えてきており、仕事帰りや寝る前など、毎日お酒を飲むと言う方もおられるようです。ですが、あまりアルコールの摂取量が増えてしまうと体毛が濃くなってしまいます。

 

あまりお酒を飲み過ぎず、ストレスを感じたときの少量のお酒は血流改善効果があるので特に問題はないようです。

 

お酒の摂取量の適量と言える目安ですが、日本酒の場合はおちょこ一杯分、ワインの場合はグラス一杯程度が標準と言われています。
これよりも量が増えてしまうとアルコールを過剰に摂取してしまうことになり、女性ホルモンが減少してしまいます。

 

アルコールを摂取すると体が反応してアルコールを分解しようと肝臓から消化酵素を分泌されるようになります。

 

消化酵素の分泌には限界があります。アルコールを過剰に摂取してしまうと肝臓で処理しきれなくなり、肝臓に負担がかかるようになります。肝臓にかかる負担をなくすためにもアルコールをあまり取り過ぎないようにしましょう。

 

紫外線対策をきちんと行う

紫外線は人の体にさまざまな影響を及ぼす場合があります。体毛が濃くなることも、実は紫外線が関係してきます。
人の体は紫外線からの刺激を受けるとその刺激から肌を守るために、体毛が濃くなっていくようになります。

 

特に南国に住む男性は体毛が濃い人が多いのですが、強く降り注ぐ紫外線から肌を守るために体毛が濃くなっているようです。

 

紫外線対策は体毛を薄くするためはもちろん、美肌のためにもきちんと行うことが重要になります。外出する際には紫外線対策のために日焼け止めをしっかりして塗っておき、サングラスや帽子、日傘などを活用して紫外線からお肌を守るようにしましょう。

 

ムダ毛専門化粧品を使用する

最近ではムダ毛を処理するための脱毛クリームや除毛クリームなど、様々な脱毛用化粧品が販売されていますが、即効性はあまりありません。
使用後は肌がすべすべになったり、ムダ毛が剃りやすくなるものなど、使い心地は悪くないのですが、肝心の脱毛効果については期待が薄いものが少なくないのです。

 

ですが、長い眼で見ていくと、毛は徐々に薄くなっていたり、肉眼で確認できないほどまでムダ毛が薄くなっていき、肌もツルツルになっていくようになるのです。

 

数多くのムダ毛専門化粧品の中でも、特に人気があり、口コミでの評価も高いのが「コントロールジェルME」です。

 

累計60万本以上も販売されているロングセラー商品で、全国に200以上も店舗を持つ大手脱毛エステチェーン店でも使用され、そのクオリティーの高さが評価されております。

 

「コントロールジェルME」は全身に使えることができる機能性ムダ毛対策ボディジェルで、腕や脚、背中、脇などの気になるムダ毛を処理することができます。

 

お風呂上りのたった1分の間に塗るだけでOK。しかも3日に1回のペースでいいのです。

 

それを4週間から6週間の間で続けていくうちに、ムダ毛がほとんど目立たなくなり、スベスベのお肌になることができるのです。

 

やりたいことに挑戦する

ストレスはホルモンバランスの崩れにつながってしまいますので、できるだけストレスを発散させることが大切になります。
ストレスを発散させるために、自分のやりたいことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

特に新しいことへの挑戦は新鮮味があり、また、ドキドキ感も増してくるので、ホルモンバランスが整うようになり、女性ホルモンが活発化されるので体毛が薄くなっていきます。
気分転換にスポーツに挑戦したり、映画を見に行ったりなど、普段できないことをあえてやってみるのも良いでしょう。

 

低体温にならないように注意する

美容にとっては邪魔な存在になる場合もある体毛ですが、人間の体にとってはとても重要な役割を持っています。体毛は体温が低下したり、外部からの刺激を受けたりすることから守る働きを持っているからです。

 

体温を低下させることによって体毛も濃くなりやすくなるので、体を冷やさないように注意することが毛深くなることを予防することにつながっていきます。

 

恋をしてみる

恋をすると女性はきれいになると言いますが、あながちうそとは言い切れません。
なぜなら、恋をすると脳から女性ホルモンが活発に分泌されるようになり、その結果体毛が薄くなり、美肌になる効果が期待できるからです。

 

女性ホルモンが活発になると女性ホルモンが優位になるので、次第にきれいになっていくのです。ですから恋をすることによって女性はきれいになれるのです。
きれいになれる恋心は彼氏だけに抱くだけでは限りません。

 

好きな俳優やミュージシャン、アニメのキャラクターに対しても恋心を抱くだけでも女性ホルモンの分泌量は増えいきますので、恋をしてみることをおすすめします。

毎日7時間以上睡眠を取るように心がける

美肌作りのためには十分に睡眠をとることが必要です。体毛を薄くするためにもきちんと睡眠をとるようにしましょう。

 

毎日の睡眠は体のリセットを行う貴重な時間です。年齢を重ねるごとに睡眠は健康状態に大きく影響を及ぼしていきます。
若い年代のうちは少々寝不足になっても健康に影響することはあまりないのですが、ある程度の年齢になると、寝不足が影響して肌の調子が悪くなってしまうようになるのです。

 

実は睡眠は女性ホルモンの分泌量に深く関係しており、、睡眠不足になることによって、女性ホルモンの分泌量が減少してしまうのです。女性ホルモンは美肌作りには欠かせません。
また、ストレスも女性ホルモンを減少させてしまうのですが、睡眠不足によって眠れないことがストレスになってしまい、女性ホルモンの減少につながってしまうのです。

 

女性ホルモンを活発化させることは睡眠は欠かせませんが、睡眠不足の日が何日も続いてしまうと、女性ホルモンが減少してしまいます。そうなると、反対に体毛が濃くなる原因となる男性ホルモンの分泌量が増えてしまうのです。

 

理想の睡眠時間は7時間暗いといわれています。きっちり7時間は取れなくてもその時間に近づけるようになるべく早寝早起きをするように心がけましょう。

 

家庭用脱毛器を使用して自分で脱毛処理

最近では家庭で手軽に使うことができる家庭用脱毛器が多く販売されています。その種類も豊富でレーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器など性能も次第に進化しています。

 

様々ある脱毛器の特徴やメリット、デメリットを考慮しながら、自分にとって使いやすいものを購入することをおすすめします。

 

睡眠は質を高くする

睡眠はしっかりとることが大事ですが、時間はもちろん、質の高さも重要になります。
質の良い睡眠は女性ホルモンの分泌量を増やしていくことにつながります。

 

睡眠の質の高さと時間の長さは必ずしも比例してはいません。しっかり寝ていても疲れがなかなか取れないというときもあると思いますが、それは質の高い睡眠を取れていないからです。脳がきちんと熟睡できてこそ質の高い睡眠と言えるのです。

 

抑毛に効果のある5つの食品

ムダ毛の抑制は女性ホルモンを活発化させることが効果的です。抑毛に効果のある食品を5つご紹介します。

 

女性ホルモンを効率よく増やしていくことが重要になります。男性ホルモンが増える食品は避けるようにしましょう。

 

玄米

玄米はインシュリンの分泌を抑制する作用があり、白米に比べGI値が低いのが特徴です。女性ホルモンを活発化されて、男性ホルモンを減少させます。

 

鶏肉

鶏肉はGI値が低く、鶏肉は胸肉やささみ肉は高タンパク、低カロリーであります。
また、男性ホルモンの分泌を抑制する作用があります。

 

豆乳

大豆製品多く含まれているイソフラボンは、抑毛の効果があります。
大豆製品の中でも、特に豆乳にはイソフラボンが多く含まれており、比較的摂取しやすいので積極的に獲る事をおすすめします。

 

より飲みやすいフルーツやコーヒーを加えたものなどお好きなフレーバーを楽しんで飲むのも良いでしょう。

 

納豆

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た作用があります。
大豆製品には大豆イソフラボンが含まれていますので、大豆製品を多く摂取することで女子ホルモンは活発化します。

 

また、ナットウキナーゼという、血液をさらさらにする効果のある成分が納豆には含まれています。ナットウキナーゼは血行がよくなり、体温を上げることができるので、抑毛効果が期待できます。

 

青魚

青魚はDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、血流を良くし、肩こりや目の疲れなどを改善する効果があります。

 

また、男性ホルモンの分泌を抑制する作用があり、GI値が低いです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

体毛の濃さは体に与える様々な影響に関係してくることをここまでご説明いたしました。

 

今回、以下のように、毛深い女性必見!体毛を薄くする20の方法を具体的に紹介してまいりました。

 

  • 食べないダイエットはしない
  • ムダ毛を剃るのはNG
  • 急激なダイエットはしない
  • 食生活の見直して和食中心に
  • エステサロンで脱毛処理をする
  • 添加物を避けて食べるように心がける
  • 医療機関で脱毛処理をする
  • ストレスをためない
  • 女性ホルモンを活発化させる
  • 毛抜きはしない
  • 運動不足にならないようにする
  • アルコールの摂取量に注意する
  • 紫外線対策をきちんと行う
  • ムダ毛専門化粧品を使用する
  • やりたいことに挑戦する
  • 低体温にならないように注意する
  • 恋をしてみる
  • 毎日7時間以上睡眠を取るように心がける
  • 家庭用脱毛器を使用して自分で脱毛処理
  • 睡眠は質を高くする

 

生活習慣や食生活の見直しをしていきながら、脱毛器などを使用していくこともムダ毛の解消に効果が期待できます。
ムダ毛ができる原因を理解して、地道に改善のための努力していけば必ず結果は現れます。

 

また、以下のように抑毛に効果のある5つの食品を紹介しました。

 

  • 玄米
  • 鶏肉
  • 豆乳
  • 納豆
  • 青魚

 

今回毛深い女性のお悩みを解決するために様々な方法をご紹介しましたが、是非ご紹介した方法を活かしていきながら、生活習慣や食生活を改善し、ホルモンバランスや体の調子を整えて、ムダ毛をなくすようにしましょう。